ITに関連するお話しが分かるブログです。

ITバブルの誕生と崩壊

経済指標を語る上で、最も議論される経済現象としてバブル崩壊という現象が存在しています。
このバブル崩壊については、平成初期において発生した不動産に関してのバブル崩壊についてです。
しかし、日本の経済において生じたバブル現象として不動産と同様の経済現象が生じました。
それが平成中期において発生したITバブルについてです。
以下、この点について説明いたします。
まず、この時期においては、情報技術が飛躍的な進化を遂げることになりました。
具体的には、コンピュータのOSが進化したことに伴い、様々なプログラムを作成することが可能となりました。
これによって、今までは十分に行うことができなかった、インターネットを用いたショッピングサイトや、動画配信サイトなどを作成することが可能となり、インターネットを中心としたIT技術が、本格的にビジネスの道具としての様相を呈するようになりました。
そして、これに伴い、インターネットビジネスを本格的に行う日本企業も続々発生するようになり、その企業が提供する情報商品が非常に利益へとつながっていることから、世界中の投資家が日本のインターネット専業会社に対して投資を行うようになりました。
そして、このような投資家の期待は一気に広がり、インターネット年業企業は、この株式等の投資によって得られた金銭をもとに設備投資等を拡大させ、さらに業務を拡大させることになりました。
しかし、このような設備投資の拡大は必ずしも実体経済と合致しているものではなく、その拡大された設備投資に伴う損失は次第に拡大されることになりました。
そして、このような損失が次第に拡大を行うと、投資家が一気に日本のインターネット専業企業から手を引くことになりました。
これによって、バブル化していたIT企業に対する株価が暴落して、バブル崩壊という現象が生じることになり、日本経済に対して、負債の増加などの多大な影響を与えることになりました。